設計上の不具合で「Sandy Bridge」対応チップセットの出荷を停止

2011年2月1日PC・IT

まあ、新しいものには良くあることです。

インテル、設計上の不具合で「Sandy Bridge」対応チップセットの出荷を停止 : ビジネス・モバイル – Computerworld.jp

Intelが設計上の問題を発見したのは、6-Seriesチップセット(コード名:Cougar Point)。このチップセットは、1月9日に出荷開始された第2世代Core プロセッサー・ファミリーの一部に採用されている。Intelによると、同チップセットのSATAポートが時間とともに劣化し、HDDなどのストレージ・デバイスの性能や機能に影響を与える可能性があるという。

早く見つかって良かったね。

それにハイエンドじゃないから、購入層も知れたものだし影響は少ないんじゃないかな。

不具合でもメーカー製なら交換とかあるだろうけど、BTOとか自作の場合、代理店扱いになるんですかね。

不具合に出会いたくなければ、マイナーアップしてから買うのが正解ですわね。

次のサーバーもXeon系になりそうなので、68系のチップセットはいつ買うのかわからない私。

Posted by かふぇおれ