Oracleマジックついに

2010年11月9日ソフトウェア

ついにやってきたORACLEマジック。

OracleがSunを買収した時から危惧はしていたが、データベース売ってる会社がデータベース買っちゃって、元の自社製品が売れなくなるのでマジックさせて頂きますって感じですね。

MySQLのサポート費用大幅引き上げ、Oracle(マイコミジャーナル)

SunはMySQLエンタープライズサブスクリプションを599米ドルから開始していた。一方、Oracleが改訂した新しいサブスクリプションはもっとも廉価なエディションで2,000米ドルとなる。ソケットの数が5つ以上になるとさらに価格が上がるほか、必要なサービスが含まれていないならスタンダードからエンタープライズ、クラスタキャリアグレードなどより上位のグレードを検討する必要がある。これまで599米ドルでサービスを受けていた場合には、新しいサブスクリプションは3倍以上の値上がりになる。

倍率ドン+αか。

これでエンタープライズ分野でMySQLを使用する事が減るのは間違えないな。

まあ、MySQLが売れちゃうとOracleのデータベースの売り上げが減るからだろうが、いきなり3倍はどうかな。

フリー版のMySQLはどうなっちゃうのか、先が見えてきた気がするのは私だけだろうか。

実際、MySQL以外の選択肢もちらほら出てきている現状、数年後には「MySQLってあったね~」とか平気で言いそう。

ところで昔の商用RDBのUNIFYとかInformixとか、やっぱり懐かしいで終わっちゃうわな。DB2もどっかの会社が受けたシステムではよく使われているが、それ以外で使う事はないもんな。

いい感じで成熟してきているMySQLがエンタープライズ分野での利用が減る・・・当然フリー版も進化が遅くなる。

次はJavaの番か!?

Posted by かふぇおれ