新規じゃなく環境を戻す

2009年4月4日PC・IT

バックアップがすべて終わったので、今まで使っていたディスクのプライバシーになりそうなファイルはあらかじめ削除し、パーティションを削除して終了。また、回収業者へ持っていく際には、そちらの会社で破壊していただけるので、この程度でいいでしょう。

それにしても、新規にパソコンを作るだけならいいけど、今まで使っていた環境を戻すとなると、これがまた一苦労。

今回システムドライブがやられたわけじゃないので、ほぼまるまるコピーしておいたので、ディスクトップに貼り付けていたショートカット関係をコピー。

その他ソフトで、メーラーや2チャンネルブラウザーは、インストール後に、今まで使用していたファイルを使うことで元通り。

保存してあった画像なども、メインの環境にコピー。

さすがに前の環境で入れてあったソフトをすべて入れるのは、ちょっと大変なので、使用頻度の多いものだけを先に入れて、それ以外は必要になった時に入れるという、手抜き技をつかう。

ちなみに買ったハードディスクは特売で売っていた1TB×2で15700円という金額に引かれて、本当なら1プラッタ500GBのが欲しかったんだけど、貧乏なんで安いほうで。

購入したのは日立製HDT721010SLA360ってやつで、まあまあ枯れたディスクですね。そりゃ~数年に買った500GBのディスクよりは体感でわかるくらい早い。まだ、ほとんどソフトがインストールされていないからでしょう。

これでつながっているディスクがすべてSATA2になったウレシイ!

でも、ここで疑問。ファイルサーバーよりメインパソコンの方がディスク容量が多いんですけど・・・。

それは、それとして、今まで3台のディスクが2台に減ったわけですから、消費電力が少しは減るでしょう。面倒なんでCPUもビデオカードもオーバークロックしていないので、エコですね。

エアフローの問題だと思うのですが、ブートドライブの温度が53℃、データ用が46℃。早くミドルタワーで、灰熱効率がいいのが欲しいな、貧乏だけど。

しかし、下の画面が出た時は、焦ったアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

BAD

久々に落ち込みましたね。次のPCまで持つと思ってたのが、なんて不運なんでしょう。不運もこれで終われば安いものですが。

前のWIndows Vista x64はSATS1のディスクだったんで、ちょっと快適になったかな。ってか、ブートドライブに1TBって必要なのかな?

動いていパソコン同士の引越しなら楽なんだけど、このキューブ型、電源容量は少ないは、ハードディスクは3台までしか繋げられないはで、シャットダウン→ディスク入れ替え→再起動の繰り返しには疲れました。

旧ドライブのコピーはデータドライブのほうにコピーしてあるので、少しずつ元の環境に近づけばいいかな。

こういう時ってメーカー製だとリカバリーディスクがあって、ある程度のソフトをインストールしてくれるから楽なんだけどな。

無料で使える、ディスクのコピーツールとかないかな。おかしくなったら復元して、その後インストールしたものだけでOKなんていいんだけどな。でも、ディスクイメージのサイズを考えると、どこにほぞんするんだろう・・・?

この際だから、i386時代から引きついてきたファイルを整理して、いらないものは削除しないとな。こうハードディスクの容量がどんどん大きくなると、開き領域に余裕があるから、削除するってことを忘れちゃいますよね。

あと、いろいろ動かすのでデュアルコアじゃさばききれないんだよな。かといって今のにクアッドコアってものあれだし、やっぱ新しいパソコンを作る時にはクアッドコアにしたい。それとメモリーはつめるだけ詰めたい。今の用途で3.23GBをほぼ使い切っちゃってるからね。

今回はハードディスクが読めないとかなかったので良かったですが、認識されないとか、アクセスするとフリーズするとかだったら、死にたくなるよね。

皆さんも、HD Tune(フリー版があります)みたいなソフトで、ハードディスクの診断をしてはいかがだろうか。

あっ、仕事で使うソフトが一つも入ってないや(´ー`)サンペイノ チョット イイハナシ

明日以降、チョコチィコとインストールするか。

Posted by かふぇおれ