Windows 7の日本での製品構成と参考価格発表

2009年6月26日PC・IT

RCまで進んでいるWindows 7の価格が発表されたようです。

Windows 7の日本での製品構成と参考価格、マイクロソフトが発表 (BB Watch)

全機能を搭載した最上位エディションである「Windows 7 Ultimate」が通常版3万8800円、アップグレード版2万6800円。仕事・家庭で必要な機能をすべて備えた万能エディションという位置付けの「Windows 7 Professional」が通常版3万7800円、アップグレード版2万5800円。ホームPCユーザー向けエディションとなる「Windows 7 Home Premium」が通常版2万4800円、アップグレード版1万5800円。

エディションを3個まで絞ったのは分かりやすくて評価できますね。Vistaはエディションが多く、機能の差別かも中途半端だったので、私的には歓迎です。

ただ、今もっている6台を全てWindows 7に移行するかと言われると、メイン機と相方のだけで、それ以外はWindows XPのままですね。だって、メモリーが1GByte以下のパソコンにWindows 7は重過ぎるw

まあ、ほとんどの方はメーカー製OEM版だろうから、Windows 7への移行は進むんでしょうね。でも、いまだにWindows XPを使っている人はどうだろう。ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

Windows 7はWindows Vistaの事実上のWindows Vista R2なので、Windows Vistaを使っているならWindows 7への移行はお勧めしますね。

まず、いろいろ物議を呼んでるUACが改善されているし、ほんのり軽くなっていますし。

え?私はどうするかって?当然、Windows Vistaの時と同様に、Windows ViataとWindows 7のデュアルブートで様子をみて、次の再インストールが必要な時にWindows 7オンリーかな。(´∀`*)ウフフ

Posted by かふぇおれ