Windows版 Flashもようやく64bit化

2010年9月16日ソフトウェア

64bit環境とIE9のGPU描画支援に対応した「Adobe Flash Player」のプレビュー版(窓の杜)

プレビュー版の主な変更点は、64bit版のOSにネイティブ対応したこと。これにより、64bit版のWebブラウザーでもFlashコンテンツを利用できるようになった。

やっとかよって感じですね。

Adobeさんは64bit化しないままFlashをなくすのかと思ってたけど、ようやく重い腰を上げた模様。

Windows 8が発売される頃には、標準のブラウザーが32bit版から64bit版になりそうですね。

私の様なヤクザなフリーのエンジニアでさえ、仕事で作るソフトがネイティブ64bit版なのに遅すぎるわ。

特に日本はネイティブ64bit版のソフトは少ないですね。ハードに付属するソフトもドライバーだけが64bit化されてアプリケーションは32bit版なんて普通ですからね。

まあ、64bit版になったからと言って、ソフトが早くなるわけじゃないんだけどね。

タスクマネージャーから「xxxx.exe *32」という表示が消えるのはいつだろうか。

まだまだ、先になるのかな。

Posted by かふぇおれ